【リハビリ】 横浜市立大学医学部 リハビリテーション科学教室 公式Webサイト

横浜市大医学部リハビリテーション科学教室では、診療・臨床研究・教育を行う他、リハビリ施設連携を図り、リハビリ医学の向上・地域医療拡充を目指します。


横浜市大リハビリ科医師の会と研修リハビリ科研修の目標


 平成28年1月1日付けで、前任地の和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教室より横浜市立大学医学部リハビリテーション科学教室教授として着任いたしました。横浜市立大学医学部リハビリテーション科は、昭和43年に開設され全国の大学病院の中では最も歴史のある診療科です。さらに、この度リハビリテーション科は、正式に講座となりました。伝統ある診療科として、これまでに築いてきたリハビリテーション医療を継承するとともに、さらなる診療レベルの向上を図り、教育と研究を充実させリハビリテーション医療・医学の発展に努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 リハビリテーション科は、臓器別の診療科とは違い「障害」を対象としている科であります。つまり、障害を持つ様々な疾患の方が対象となるため、障害そのものから起こる特殊な病態をよく理解して、身体機能改善、日常生活能力改善、社会復帰などに幅広く対応できる知識と技術がリハビリテーション科医師には必要となります。私どもリハビリテーション科医は、今ある障害、予見される障害を適切に診断し治療するために、臓器別医療の枠にとらわれず「全身を診る」Whole Body の観点から、病気ではなく病人を診る姿勢で診察を行います。そして、障害の予防と改善のために、あらゆる手段を利用し治療を行います。理学療法、作業療法、言語療法などの訓練は、もちろん重要な治療法でありますが、装具療法、薬物治療、手術療法なども行い、最近ではロボットも治療に応用しています。そして、リハビリテーション医療は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなど多職種が協力しチームで医療に取り組みます。


 医学の発展に伴い命が助かる方は増えていますが、何らかの障害が残ってしまう方が増えているのも現状です。また、今後ますます高齢化がすすむ日本においては、リハビリテーション医療は重要になってまいります。リハビリテーション医療は、人の命を直接救う医療ではありませんが、人が人間らしく生きていくために必要な医療です。リハビリテーション医療は、患者さんに求められて出来た医療でもあります。私達は、患者さんの事を第一に考え、患者さんの「人生」のために、全力でリハビリテーション医療に取り組んでまいります。
横浜市立大学医学部リハビリテーション科学教室
教授  中村 健




横浜市立大学医学部リハビリテーション科
名誉教授  佐鹿 博信
(横浜市立大学附属市民総合医療センター勤務)

 疾病構造が変化し生活習慣病などが増加すると共に、傷病の帰結として、完治(治癒)に至らず、なんらかの機能障害を有する状態で社会生活に移行していく患者が多くなっています。全ての臨床医学は、機能障害を理解することなしに良質な医療を実施することができなくなっています。機能障害を軽減して最大限の機能回復と能力の再構築をはかり、人間生活を豊かにすることを目標としているリハビリテーション医療は、高度先進化(専門分化)した現代医療にとって、欠かすことの出来ない医療です。


 横浜市立大学医学部リハビリテーション科の医学部卒前教育と卒後教育(前期研修と後期研修)のプログラムでは、2つの附属病院を有する横浜市立大学医学部が中心であり、13の協力病院、2つの総合リハビリテーションセンター、9つの福祉施設(児童5・成人1・地域リハ3)と連携しています。したがって、新生児から高齢者まで、傷病の急性期から慢性期まで、ICUから地域リハビリテーションや職業リハビリテーションまで、身体機能の障害を生ずるすべての傷病を対象としたリハビリテーション医療を経験することが可能です。また、横浜市立大学リハビリテーション科医師同門会の日本リハビリテーション医学会認定専門医38名が、神奈川県内・横浜市内の病院とリハビリテーション施設において、全力でリハビリテーションを実践しており、神奈川県と横浜市のリハビリテーションに大きく貢献しています。これらのリハビリテーション専門医からのマンツーマンの臨床指導を受けることができます。
 リハビリテーション医療の研修を希望する臨床研修医や日本リハビリテーション医学会認定専門医を目指す医師にとって、非常に良質の研修を提供することができますので、多くの医学徒の参画を期待しております。




 ■ リハビリテーションの理念を学ぶ
リハビリテーションとは障害を持った人が、身体的、精神的、社会的に最も適した状態に機能を回復し、人生を変革していくことを援助するために、時間を限定したプロセスであることを理解する。

 ■ 障害を理解する
脳卒中という疾患を例としてあげれば、それによって片麻痺、知覚障害、失語症、半側視空間失認などの心身機能障害(impairment)が発生します。さらに、心身機能の障害は移動動作や意思疎通などの日常生活活動を制限し(活動制限:activity)、両者により職業や余暇活動などの社会への参加が制約されます(参加制約:participation)。これらは、家庭や都市環境や文化などの環境因子と生(プラス)ないし負(マイナス)の相互作用を及ぼし合っています。
(ICF:国際生活機能分類;WHO,2001)

 ■ 障害の評価を理解する
障害からの回復を望む患者さん(障害のある方)に対して、リハビリテーションの目標を設定して最適なリハビリテーション計画を立案します。それには患者さんの障害像を上述の概念で捉えて把握し、患者さんが社会に参加することを阻んでいる原因を究明し、その解決方法を検討することが必要です。この障害を把握する作業をリハビリテーションでは「評価」と呼びます。臨床医学において疾患の原因を「診断」する科学的な過程と同じく、専門的な科学技術(行程)です。正確で多面的で総合的な評価を行うためには、リハビリテーション科医師を中心とした多専門職による協働とチームアプローチが不可欠です。リハビリテーション医学の第一歩は障害の評価方法を習得することから始まります。

 ■ リハビリテーション医療の特性を学ぶ
横浜市立大学医学部リハビリテーション科で研修することにより、実践を通してリハビリテーション医療の理念を理解することができます。短期間の研修であっても、代表的な障害に対するリハビリテーション基礎技術を習得し、リハビリテーション医療に携わる各専門職種、特に理学療法、作業療法、言語聴覚療法の治療技術に触れ、これらの専門職によるチーム医療を体験してその重要性を理解して下さい。